homaホーマ最高顧問

渡辺 純
株式会社JWA建築・都市設計 代表取締役
1954年7月20日生まれ。「VILLA GAMAGORI」をはじめとする複数の作品が国内外の建築賞に輝く。終身教授資格を持つテキサス大学などの教授職を歴任し、現在はHOMA設計最高顧問も務める。
【経歴】
1978年 東京大学工学部建築学科卒業 卒業計画賞受賞
1983年 ハーバード大学建築大学院修了
1978~1981年 丹下健三・都市・建築設計研究所
1983~1985年 I.M.ペイアンドパートナーズ
1985~1990年 槇総合計画事務所
1990年 株式会社JWA建築・都市設計代表取締役として独立
     テキサス大学オースティン校建築学部助教授
1995年 終身教授資格(Tenureship)取得
1996~2009年 中部大学工学部建築学科教授
2014~2016年 香港中文大学客員教授

「豊かな未来を約束する家」に寄せる想い。

建築という仕事を通じて、そこに住む人々が幸せを感じられる、そんなお手伝いをしたい。私が建築家として心に打ち込んでいるのは、そこに住む人々の幸せを願うことです。
私は幸せとは、豊かさを指すものと考えています。その家に住む人々が豊かさを感じたとき、自然と「幸せだ」と感じるはずだからです。
株式会社フジホームが提供するのは「豊かな未来を約束する家」。
私の信条である「豊かさ」と株式会社フジホームが考える「豊かさ」が同じ意味であるなら、私の信条と株式会社フジホームのコンセプトは共鳴するものがあります。

しかし豊かさとは意味が広いもので、一般的なイメージだと「お金=豊かさ」が強い傾向です。しかし豊かさはお金のみでは断定できません。
その象徴が、1930〜40年代のアメリカで人気を得た「規格住宅」です。
この「規格住宅」はコロニアル基調のデザインでリーズナブルな価格帯が受けて民衆にヒットしました。そして80年ほど経った今でも建築業界では定番の住宅として人気を博しています。このように時代を超えて愛され続ける「規格住宅」は「お金=豊かさ」だけではないことを証明し続けています。

デザイン住宅

House in Seijophotography:junji kojima

House in Takanawadai

House in Takanawadaiphotography:junji kojima

コロニアルとは清廉な価値観のもと、シンプルで実用的かつ清潔感のある住宅です。過剰な装飾を排除し、自然と肩の力が抜けるような空間が、住む人の心を豊かにするのでしょう。コロニアルという建築様式を発展させたアメリカには、人を家に招くという文化が根付いています。

アメリカの家庭では友人を家に招いてはホームパーティを開き、彼らは楽しむという方法で英気を養いますが、私がフジホームと共に目指すのも日常的に人を呼びたくなり、その何気ない日常の中で、ふと豊かさを感じられる住まいです。働き方改革を筆頭に一人ひとりのライフスタイルや休日の過ごし方が見直されつつある日本においても、家にいるだけでリラックスでき、人を招きたくなるような家づくりが必要だと、私は考えます。

CONTACT USお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求の
フォームはコチラからご連絡